5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆名作ショートショートをAA化しよう☆第六幕

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 15:40 ID:Q9Lk1OXP
日 立 ノ    ,
生 木ノT  ̄ ̄
  ∧_∧ ____
 ( ´∀` ) || SS .|
 (    つ|   |
 | | | || Hosi|
 (__)_)  ̄ ̄
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 名作ショートショートをAA化しよう
\______________

【 過去ログ 】
名作ショートショートをAA化しよう
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1013998568/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第弐幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1025145385/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第参幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1034865311/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第四幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1043238797/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第五幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1051346346/

132 :1/93:03/06/23 00:00 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               『 処 刑 』

                     星 新一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

133 :2/93:03/06/23 00:01 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その男はパラシュートを外す気力もなく、砂の上に横たわったまま
目で空をさがした。薄青く澄みきった高い空に見る見る小さくなっていく
ロケット推進の航空機を見つけた。先ほど彼を突き落として行った
航空機だった。航空機はさらに小さくなり、空に溶け込んで消えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                    キラーソ

                                     *

                _,,.. -──‐- .、.._
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、.
          /                        \.
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                  \   |    / /
                 \  |  / /
                 ○   ∧_∧
                と⌒⌒つ´Д`)つ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

134 :3/93:03/06/23 00:01 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼と地球とのつながりは、これで全く断ち切られた。これからは、
いつ現れるか知れない死を待つ時間だけが続く。今や処刑の地、
火星上にいるのだった。酷熱という程ではないが暑かった。
彼はのどの渇きに気がついて、そばに転がっている裁玉を見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                _,,.. -──‐- .、.._
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、.
          /                        \.
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                \  ∧_∧/ /
                 (´∀`; )/
  / ̄\           ( ))-)))
  ( ゚ ∀ ゚ )           | | |
  \_/           (__)_)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

135 :4/93:03/06/23 00:02 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 文明が進むと犯罪が増えるのではないか。この、昔誰もが持った
 不安は、すでに現実となっていた。ガラス張りできらきらするビル。
 複雑に張り巡らされた配線。大小さまざまの電子機器。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.                             ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.....                   __,,,,,_         ..:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::..........             i''''''i==ii ~|    i''''"""~iiii:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::    : : : : : : . ,,,,___   i{}:::i//ii ;;|__,,,, i-''iiii,,  ..iii|--;::::..:::::::....:::::
. .:. . .. :      . : : :___,,ii i|iiiii=.  i 「,ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;.!i|:::::|:::....:::::...:::::
,,, .  : .         |::::|| |iiiiiii| _,,ii | ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::| :..  __,,,,
||ii==「!!!!!!!!!!!!_ . :: i'Ii ii! |iiiiiii| || |; ii//ii ;;| |||||.|//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::|/ヽ__i-|; ; ;
||__| ̄|||||||||||||iii   | ii iii |iiii|~~~~~~~~~~~i~~~~~~''''i-;==;;=iii|「「司 ii三.|; ; ;
||||||||||||||||||||||||| TTT」iiiiiii |iiii|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |iiii| |「「| ̄| ii三|.|; ; ;
ii|||||||||||||||||||||||| iiiiiii| iiiiii;;---;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__iiiiii| 「「=i i~i三 ,|; ; ;
 iiiii--「ii!!!!!!!!!!____;;;=;; ;;;;;;;;;;;;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|三三三三三三三三

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 このような無味乾燥な物が一杯に詰まった都会の、どこから
 生々しい犯罪が生まれてくるのかは、ちょっと不思議でもあった。
 しかし、犯罪は起こっていた。殺人、強盗、暴行。
 それに数え切れない傷害、窃盗。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

136 :5/93:03/06/23 00:02 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もちろんこの対策は万全だった。電子頭脳を使ったスピード裁判。
 検事、弁護士、裁判長の役を一つの裁判機械が行っていた。逮捕された
 次の日には刑が確定する。その刑は重かった。悲惨な被害者の印象が
 薄れないうちに確定する刑は、重くなければならなかった。しかも宗教を
 一掃してしまってからは、犯罪を押さえるには重い刑しかなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              ┌──┐      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∪()━◎┥∪  < 開テイ。判ケツ、被コクは死ケイ。閉テイ。
─────┐  V|    |V     \______________
         |     |:日 日:|     
           |   └┬┬┘            _________   
         │     亠亠            /
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ひ、人の話を聞けYO!  
    |                              |  |  助けてくれYO!
    |.                        |  \
    |                       |    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |                         |   ∧_∧          
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (∀T ; ,)
    |  |    |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 
    |  |    |               │  │  │ | │_ゝ@==>
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (゚∀゚  ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,        |
┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)          |
  ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄| ̄|、  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

137 :6/93:03/06/23 00:03 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
処刑方法として最後に考え出されたのが火星の利用だった。火星。
調査がしつくされ、採算可能の資源が取り尽くされたあとの火星は、
もう意味がなかった。地球の人々は限度のない宇宙進出を続けるより、
地球を天国として完成した方が利口なことに気が付いた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                \  ∧_∧/ /
                 (´∀`; )/
  / ̄\           ( ))-)))
  ( ゚ ∀ ゚ )           | | |
  \_/           (__)_)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 火星は処刑地にされ、犯罪者たちはロケットで運ばれ、
 パラシュートで降ろされるのだった。裁玉を一つ与えられて。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

138 :7/93:03/06/23 00:04 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その男は裁玉をこわごわ見つめた。ますます激しくなる渇きは、
彼にパラシュートを外させ、玉に近寄らせた。彼はそっと手に取った。
しかし、それに付いているボタンを押すことは、ためらった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 最初の1回なんだから、大丈夫だろう
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だが、この気休めを追いかけて「1回目でやられた奴もあるそうだ」
という地球での噂が、まざまざと頭に浮かんだ。彼は辺りを見回し、
このボタンを遠くから押す工夫はないものかと思った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ∧_∧_∧  / ̄\
           (´∀`≡´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ  \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

139 :8/93:03/06/23 00:04 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、それをあざ笑うように、
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    __
   //_∧ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( )・∀・))  < ボタンは手で押さない限り、絶対にだめですよ
  [(う   ))つ     \___________________
  | | |
  (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という、彼に玉を渡すときのロケット乗務員の言葉が思い出された。
おそらくその通りだろう。そんなことが出来るのなら、この裁玉の
価値はないのだから。渇きは強まった。唾液はさっきから全く出なかった。
もう我慢は出来ない。彼は高いところから飛び降りる寸前のような、
恐怖とやけとの混ざり合った気持ちで、ボタンにあてた指に力を入れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             モ、モナッ!
              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             (  つつ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

140 :9/93:03/06/23 00:05 ID:3sF0C2sc
 
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は中で音をたてた。彼はあわてて指を離した。音はやんだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | 助かったな・・・
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄
              O
               o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

141 :10/93:03/06/23 00:06 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボタンと反対側の底をちょっと押すとその部分がはずれて、銀色の
コップが出てきた。コップの底には、水が少しばかりたまっていた。
彼はそれを見つけ、勢いよく口の中にぶちまけた。それほどの
量はなかったが、からからになっていたのどの渇きを一応は止めた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         ∧_∧
         (;´∀`)>
         (  つつ   / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は舌をのばし、コップの底をなめようとしたが、出来なかった。
もっとも、とどいたとしても一滴あるかないかの程度だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

142 :11/93:03/06/23 00:06 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はカチリと音をさせて、コップを元におさめた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      | そうそう、そんな調子でいいのよ
      | もっと飲みたいんじゃないの?
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    O
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )           
             ( つ つ\_/             
             | | |                 
             (__)_)               
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裁玉は笑いかけるように、ふるえる彼の手の上できらきら光った。
遠く地平線の彼方から、爆発の音が伝わってきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

143 :12/93:03/06/23 00:07 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裁玉は直径約三十センチ。表面には細かい穴が開いている。
ボタンを押せば水がそのコップにたまる。空気中の水蒸気分子を、
強力に凝結させる装置なのだ。人工サボテンとも呼ばれていた。
火星を旅行する者にとっては、なくてはならない装置だった。
だが、文明の利器には、必ず二通りの使い方がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
@ボタンを押す           Aサイタマる

  ポチットナ      
  ∧_∧ / ̄\           / ̄\          
  ( ´∀`)( ゚ ∀ ゚ )          (( ゚ ∀ ゚ ))サイタマサイタマ  
  (  つつ \_/           \_/          
  )  ) )                        
 (__)__)


Bコップを取り出す         C 水(σ・∀・)σゲッツ!!

  ガッチョン                      ∀
    ∀                  ∧_∧ ∩
  / ̄\                ( ´∀`)丿
  ( ゚   ゚ )サイタ・・・マ         ⊂    丿
  \_/                ノ  γヽ
                     (__丿\__ノ

144 :13/93:03/06/23 00:07 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今火星にいる全ての者が持っているこの裁玉は、処刑の機械なのだ。
ある回数ボタンが押されると内部の超小型水爆が爆発し、三十メートル
周囲のものを吹き飛ばす。その回数は誰にも知らされないのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|  ゚ ∀ ゚ .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
         .;.;"..;.;" .i|        |i/ ".;.;".;":
      .;".;": . \( ⌒.i|        |i )⌒)/".;.;".;":
  .;".;": ..;. ;( ⌒(  .i|          .|i⌒) )⌒".;.;".;":.
 .;".;": ..; 从へへΣ(     ∩  ∧ ∧ ∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧∩\ ( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/  |    / \__________
________/ |   〈   |   | .;.;"..;.;"..;.;".
.;.;"..;.;"..;.;". / /\_」  / /\」 .;.;"..;.;"..;.;".
               ̄      / /

145 :14/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | これから、いったい何をすればいいんだ
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 O
                  o
              ∧_∧_∧
             (´Д`≡´Д`)
              (    )
              | | |
              (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は立ったまま見回してみた。地平線の近い火星では、
そう遠くまで見渡せない。より遠くを眺めるには、
そばにある砂丘に上る以外になかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

146 :15/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
砂丘の上に立つと、むこうに小さな街が見えた。街といっても三十軒
あるかないかの安っぽいものだった。火星の開拓時代のなごりで、
住んでいる者のあるはずはなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             ⊂ ⊃

          _.,,..,        ,, ,...
     _,.,.,、-‐"゙゙   `""`' ‐-; _,,-^  `:、_   __ .,,- ‐
^ ;-‐' "      ,,, ::'          l   `''^
     日^[]   ll i i    ロ
 目 /    ロ l^l  ̄  []   ^
 i/ 『l ロ     ^
,./ ロ                 i^i^i
ノ          
          
       / ̄^^ ̄ ̄\_/ ̄ ̄`─、_      
    /` ̄                    ^ ̄`-‐-;,,..       _.,-
-―-'                              `" `"'""'''"''"

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、ここにぼんやりしているのもいたたまれない気持ちだった。
死を見つめながらじっとしているより、気を紛らす工夫をした方がいい。
それには、あの街に目標を立てて歩いてみるのも一つの方法だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

147 :16/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は裁玉を取りに戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 私を置いていくつもりじゃないでしょうね?
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は砂の上で待っていた。穴のたくさんあいた玉の表面は、
 きらきらと光り、それの持ち主のその時の気分を反映して、
 表情を作るように見えるのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

148 :17/93:03/06/23 00:09 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は玉を抱え、砂丘を越え道路に下りた。舗装された道路は、
 所々砂で埋まりかけ、歩きにくいところもあったが、
 彼はそれを伝って街を目指した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | ちくしょう。何でこんなことになったんだ
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だがこの文句はそれ以上続かなかった。わめいてみたって、
 何の役にも立ちはしない。殺人者が火星で処刑されることは、
 地球上のメカニズムの一つなのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

149 :18/93:03/06/23 00:09 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その動機や理由などは問題ではなかった。殺すつもりでなくても、殺すつもりであっても、
 殺された側にとっては同じ事なのだから。地球の重さに匹敵するとまでたとえられた
 個人の生命。それを奪った者が許されていい理由はない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃/ 逝 \┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃  ∧∧  ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ ミ,゚Д゚彡 ┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃..,;゙   つ..┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それにたとえ弁解する機会が与えられても、多くの者には何とも説明のしようがなかった。
 彼もまた同じだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

150 :19/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、説明は出来なくても原因はあった。それは衝動とでも呼ぶ
べきものだった。朝から晩まで単調なキーの音を聞き、モニタを
見つめているような仕事。それの集まった一週間。それの集まった
一ヶ月。その一ヶ月が集まった一年。その一年で成り立つ一生。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          ∧ ∧         ∧_∧   
         (,,゚Д゚)       (´Д`;)カタカタ .
       _ ¢_C___┌――┐)___  ∧_∧  
     /旦/  /  /  |.VAIO..|ソ/./|  ∂/ハ)ヽヽ
   /|||||||| ̄ ̄  /    ======//  |  ハ`∀´ノ
   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   . |   (_|:|_C
   |           |              |  /   /_____II
   |           |              |/     し(_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、それに対して不満を抱き始めたらもう最後なのだ。
 逃げようとしても行き場はない。機械はそのうちそのような
 反抗心を持った人間を見抜き、片づけてしまうのだった。
 片づけるといっても、機械が直接に手を下すわけではない。
 その人間に犯罪を犯させるのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

151 :20/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
巧妙な粛正。機械と共存の出来ない者、動物的衝動を持つ者を
整理しようとしているのかも知れなかった。したがって、
皮肉にも火星に送られてくる者は生命に執着する心が強かった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         | ちくしょうめ!
         \
            ̄ ̄○ ̄ ̄
               O
                o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は不満を何かに集中して憎悪したかった。しかし、機械を
憎悪することは出来るものではない。一人でも人間が裁判官の
席に座っていたのなら、それを心に描いて憎悪し、いくらか救いに
出来たかも知れないが。これも処刑を一段と苦痛の多いものと
するために考えられた、手段の一つかも知れないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

152 :21/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 のどが、再び渇いてきた。地球より酸素の少ない空気のため、
 より多くの呼吸をしなくてはならなかったし、湿度の少なさは、
 そのたびに水分を体から奪い去っていった。水が飲みたい。
 鼻の奥やのどに、熱した塩を詰め込まれているようだった。
 男は抱えている玉をちらと見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | 早くボタンを押したら?
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            / ̄\           
            ( ゚ ∀ ゚ )  
            \_/ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
冷たいこびを含んで笑ったように見えた。街は近くなっていた。
あの街までは水を飲むまい。あそこには何かあるかも知れないのだ。
今爆死するより、街を見てから死んだ方が後悔も少ないように思えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

153 :22/93:03/06/23 00:11 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は細い細い管で息をつくようにあえぎながら、街に入った。
 家々は道の両側に十軒ぐらいずつ並んでいた。だが、真っ先に
 彼の目をとらえたのは、その真ん中あたりの右側の一軒が
 飛び散り壊滅した跡だった。思わず足が止まった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
_\  _                               _  / ̄ ̄
  \ \                                  / /
 ̄ ̄|__ \\ 、                        , // __| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l                     l l |  |   |  田 田
    |田 |  | | l                      l | |  | 田|
∃  |   |  | | l    . .. ... .. ... . ... ... . .. .. ..    l | |  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....    .....   -| |  | 田|
∃  |   |  ― ....           ....     .....   ― |   | 田 田
    | .... 一      ....           ...      ....  ー- |
―  ̄           ....   ....       ...          ̄ ― -

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
誰か前にここでやられた奴がいる。おそらくその男も砂漠を通って
この街にたどり着いたのだろう。何かここに絶え間ない死の恐怖から
救ってくれるものがないかと思って。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

154 :23/93:03/06/23 00:11 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男はその跡を見つめながら立ちつくした。考えまいとしても、
 自分をそこに置いた想像をしないではいられなかった。
 考えをそらそうとしても、それはできなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 夕暮れが迫って、彼の影が家の破片の飛び散った空虚な街の
 道路の上に長く長く伸びるまで。赤みを帯びた砂漠の上を走って
 沈みかかった太陽の光は、その家並みの欠け目から彼の顔に
 まともに当たり、赤く彩った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

155 :24/93:03/06/23 00:12 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 渇きを再び激しく呼び覚まされ、彼は玉を見た。
 裁玉も鮮やかな赤に燃えていた。玉は彼に誘いをかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               | どう?
               \
                  ̄○ ̄
                   O    
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)    
                 o
                O    
               ○
            / ̄  ̄ ̄
            | よし・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この時はいつもの冷たさが感じられなかった。 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

156 :25/93:03/06/23 00:12 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男は前に進み、粉々になったスレートや不燃建材などの破片の上に立った。
砂漠を横切る真っ赤な夕日、誰もいない街。今なら死ねそうな気もした。
地球の文明に調和できなかった彼にとってむしろ素晴らしい死に場所だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : :  : : : .: : : : : : :: : : ::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: : : ::::::::: : : : : : : : :  : : :    :   : : : : : :::::: : : ::: : ::::::::::::::::
;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
、:、、:、::`、ヽ.`ー-.、,._:、、''゙"、`.`丶ヽ:.:`":、`;、;;、;``ヽ、r,!":、::``ヽ`'``…`;:;`、.,、:;;;:
::冫、、``:;;..`:ヽ、:`;`.、,.ヽ、‥:::``:::::;`;;;`;;``;丶`;丶`、;.,`,、゙、``;`;;;;;;:::.:、;;``;:
::::,.'.`、丶.:.゙ン```/:、゙"-`: : : 、,''、、.:..;;.、、、;.:‐:、,;、.:、.丶:":`;;;'."、;;;;.‐..、、‐:.、;;;;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は太陽に向かい、立ったままボタンに触れた。以前にここで死んだ誰とも
わからぬ男に親しみのような感情をも抱いた。今だ。思い切ってボタンを押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

157 :26/93:03/06/23 00:13 ID:3sF0C2sc
 
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´∀`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は小さなうなりをあげたが、彼は夕日を見つめ、
 もう少しの辛抱だと指の力を抜かなかった。
 音は止まった。コップに水が一杯になったのだった。
 男は我に返って、思わずコップをはずした。
 冷たい水で縁まで満たされたコップが、重く手の上にあった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         ∧_∧
        ((;´Д`))
         (  つつ∀ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ )サイタ・・・マ
        (__)__)   \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

158 :27/93:03/06/23 00:13 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もう考える余裕もなく口にぶつけた。コップは歯に当たり、
 水が少しこぼれ、口の中に入った水も腫れ上がったのどを
 うまく通らず、逆流して唇からあふれた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         ∧_∧
         (;´Д`)>
         (  つつ   / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はそのあふれた水をふるえる手でコップに受け止め、
 落ち着きを取り戻しながら改めて少しずつ口に含み、
 飲み下した。のどを通り、食道を通り、胃に入り、
 体中に染み渡っていく水をはっきりと感じた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         ∧_∧
         (;´∀`)
         (  つつ∨ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

159 :28/93:03/06/23 00:14 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コップを逆さにして、しずくを口の中に落とし終わると、
 寒気を覚えた。太陽が沈みきり、夜が忍び寄ったらしく、
 冷たい風があたりにうごめいた。彼の、ほんの少し前までの
 死を受け入れてもいいような気構えは、全く消え去っていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;


         ∧_∧
        ((;´Д`))
         (  つつ∨ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 生への執着、死の恐怖、今の瞬間を生きて通り越せたという
 安心感が、どっと押し寄せた。立っている家の崩れ跡から、
 得体の知れぬものがそっと起きあがり始めたような戦慄で、
 鳥肌が立った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

160 :29/93:03/06/23 00:14 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は道路に飛び退き、入ってきたのと反対の方に早足で歩きかけた。
だが、人間味のかけらさえない砂漠にさまよい出る気もしなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ;;;;;;;;;; :::;:; :;:;:; :;;;; :;:;:;; :;;゙゙゙:::: ;:;:; :;;:;; :;::;;;;; :;::;; :;;;:; :;:;;; *:;;;:; :;::;: ;:
   ;;::;;:;;;; :;:;ミ:; :;:;:; :;:;:; ::;;:;; :;::;;: :;:;:;; ;:;;;: ;;:;:;;(ゞ:;: ;:;::; :;;:;;;: :;::; :;:;;: :;;:;;
  ι;;;::: :;:::: ::;;;: :;;:;: :;::;: ;:;::; :;:;:;: ; :; :;::;:; :;: :; ;;;: :;;:;;;: :/ヽ:;;:; ;:;;:;: ;:;;
   ;;;;: ;:;:::: ;;;;;; ;;巛;;;; ;;;;;; ;:ヾ;:; ;:;:; ;;:::; :: ;; ;: :;;:;: ;;;彡:《   ミ:::;:;; :;;;;: ;:;;
 ξ;;;;;;;:;:;:;:;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;:;;:;;;:;:;:;:;:;;;;;;ミ;    υ::::;;;;;;;;;
   | |━━━━━━| |       . | ,' | ``
   | |== ; : :; ==| |    ゙゙゙   . |l i |   ゞ ::;;   。
   | |======| |  ;  ゙  | ,' |゙゙゙
   | |======|〈 ミ :: ;  .|~.:i|~  ゙゙  :;;ζ⌒′′
   |‖ =====゙| |        .| ,' |  ヾ~       :;;
   | |=〆====|||_______|; . |_________
   | |======| || l | │ | . || l '| |@| i│ | ; |  |; ヽ\
   | |======| || . | │ | . ||. i | | | ;│ |..│ |:;;::;\ゝ
   |_|―――――巛|_|| . | │ | ; ||, ' | | | .│ | . |  |:;;::;:;:;:;ヾミ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しばらくたたずんでから、男は街の一番はずれの家のドアを引いた。
鍵はかかっていなかった。床の上にはほこりがたまっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

161 :30/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は本能的に台所を探し、蛇口に手をかけた。しかしそれは
 すでに口がいっぱいに開けられていた。当然のことだった。
 火星が処刑地に定められて住民たちが地球に引き上げる際、
 造水装置は完全に取り除かれているはずだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | あたしがいるのに、つまらないことを考えないでよ
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はそう言っているように、黄色い灯の下で光っていた。
 疲労するほど動き回ったわけでもないのに、体の中には重い
 疲労が詰まっているのを感じた。また、渇きの治まった今は
 たまらない空腹をおぼえた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

162 :31/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 腰につけていた袋を開け、男は赤い粒を一つ取り出した。
 これをコップ一杯の水に溶かせば一食分の食料になるのだった。
 彼は机の上で袋を全部開け粒を数えようとしたが、またしても
 これを渡すときのロケット乗員の無情な声がよみがえった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 数えてみたって参考にはなりませんよ。
| 一人百粒ずつと決まっているんですから

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    __
   //_∧ヽ            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ( )・∀・))            | 百食分が限度なんだな?  >
  [(う   ))つ             \___________/ 
  | | |             
  (__)_)

      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そうとも限りませんね。火星の街にはどこにでもたくさん
| 残してありますよ。足りなくなったらそれを使うんですね。
| もっとも、それまでもつかどうかは何とも言えませんが

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 爆発までの回数は玉によって違い、乗員も知らないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

163 :32/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この家の食品箱を探せばこれと同じ赤い粒はあるだろう。
 しかし、探し出してみても今は同じことなのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | おなかはすかないの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉は今度は食欲で誘惑した。空腹感が募っているにも
 関わらず、唾液は少しも出なかった。水、そして食物。
 彼は期日の知らされていない処刑の日まで、
 この二つで苦しみ続ける以外にないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

164 :33/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉に近寄り、男はボタンに触れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 空腹の方が我慢しやすいのだぜ、いいのか?
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            ( ´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この考えが頭にひらめきボタンは押せなかった。
 しかし、この時、一つのことを思いついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

165 :34/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
          \        /
             /  ̄ \
.         ─  |     |  ─
             \ ∩ /
          /   [Ξ]   \

            Λ       .Λ
            / λ      / λ
           ./  .λ___/  .λ
         /             \
         |  / l    l \     |
         |      |----|         |
         |      l   l         |
         \    V        /

      \/   \  _|_ ll  | ̄ ̄|
      /   ──、   | _   |__|
       ̄て    /   | _.    □

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あそこで押そう。さっきの壊れた家の跡。さっきは幸運にも
 パスしたところ。一回爆発した跡なら二度と爆発は起こらない、
 そんなジンクスがあるような気がしたからだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

166 :35/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で勝手に作り出したこのジンクスにすがりつくような気持ちで、
道に出た。他の家は灯一つついていず、黒い家々が並んでいた。
風はあまりなかった。彼はこのジンクス以外に考えないように努め、
さっき逃げ出した家の崩れ跡に立ち、すぐにボタンを押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 過去の人生の全てが恐怖のうちに一回転し、
 音の鳴り止むまでその回転を続けた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

167 :36/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
            ∧_∧
            (;´∀`)ホッ
            (  つつ∀ / ̄\
            )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
           (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 深いため息が出た。コップの縁までたたえられた水は、
 火星の小さな月を一つ浮かべていた。こぼすといけない。
 彼は一口すすり、ゆっくり灯のついている家まで運んだ。
 月は水面に浮かんだまま、家の入り口までついてきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ∧_∧
            (;´∀`) ∬
            (  つつ∀ 
            | | |    
            (__)___)   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉を椅子の上に置き赤い粒をそれに入れた。
 粒は溶け、かすかな音とともに泡を出し、水を黄色に染めた。
 そして表面に緑の膜が浮かぶと、出来上がりとなるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

168 :37/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それを口に流し込んだ。クリーム状になった液はゆっくりと
 口の中、ほおの内側、歯の間、舌の上の隅々まで、
 さわやかな味を行き渡らせ、のどから胃に入って、
 活気を体中に呼び覚まし始めた。辛い味の種類ではなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | そこまでは残酷ではないのだな・・・
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
            (;´∀`)>
            (  つつ   
            )  ) )    
           (__)__)    
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はそんなことを考えながら、残りを飲み干した。
 生きているという実感と、生きていたいという欲望が次々と
 湧き出し、彼はそれを持て余した。眠れるかどうかわからなくても、
 眠ろうと試みる以外にその処理方法は考えつかなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

169 :38/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はベッドに横たわって、玉をちらっと見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              | もう寝るの? 顔でも洗わない?
              \
     ∧_∧         ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ̄ ̄( ´Д`) ̄|           O
 |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\           o      
 |  \           \        / ̄\   
 \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|      ( ゚ ∀ ゚ )   
   \ |_______|       \_/   
          o          
         O    
        ○
     / ̄  ̄ ̄ ̄
    | とんでもない
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 地球では飽き飽きし、惰性のようになっていた習慣。
 寝る前のシャワーや口のすすぎが、どんなに貴重だったか、
 痛切に思い知らされた。彼はベッドについているスイッチで、
 部屋の灯を全部消した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

170 :39/93:03/06/23 00:18 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 弱い月の光が射し込んでいたが、彼にまでは当たらなかった。
 男は窓から空を見た。星が瞬き、その中には青い星があった。
 地球では見ることの出来ない大きな星。それは地球だった。
 青い星。海の色だった。地球は水の星だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆ ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::o:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::
::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::
:::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::
:::::
::   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 火星の水はすでになくなっていた。極にあった氷は全て分解され、
 酸素となって空中に散っていた。玉を使わない限り、火星の上では
 液体の水を得る方法はない。そして玉に使われる触媒には、
 地球でしか採れない元素が必要なのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

171 :40/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | ちくしょう! 地球め!
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´Д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は地球を、彼をこんな破目に追いやった文明を思い切り呪い、
 何の役にも立たなくても、あの青い星めがけて憎悪の念を
 集中してやろうと思った。しかし、青はすぐ水を連想させ、
 雨、雪、霧、しぶき、流れ、あらゆる種類の豊富な水に
 連想が飛び、それは出来ないのだった。
 これも計算された処刑の一環なのだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

172 :41/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 地球は静かに平和に輝いていた。彼のような動物的衝動を起こすものを次々と粛正し
 続ける地球は、ますます平和になるだろう。彼がどんなに強く念じ、どんなに長く
 見つめていても、あの星に水爆戦が起こり、急に輝きを増す可能性などないのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /

173 :42/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男は疲れていた。いつとはなしに眠りに落ちた。
 それを待っていたように悪夢が襲った。だが、
 疲れは目を覚まさせず、悪夢は朝まで彼を苦しめ続けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ウ・・・ウン・
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    
          o          
         O    
 〜〜〜〜 ○ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(                         )
 )    \ サイタマ サイタマ / |\      (
(          サイタマー   | |\      )
 )   ウ・・・ウン・ ∧_∧   | |  \   (
(   ___Λ_Λ∀゚∩)  | |   |    )
 )  | __ ( ;´д`) ̄|ヽ) | |   |   (
(   |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  \|    |    )
 )  \ \          \  \  |   (
(     \ \          \  \|    )
 )     \ \|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|     (
(        \ |_______|     )
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

174 :43/93:03/06/23 00:20 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 朝。目を覚ました男は、二階のバルコニーから通りを眺めた。すがすがしい朝。
 乾燥した空気はひんやりとしていた。だがそれはほんのひととき。間もなく耐え難い
 日中の暑さになるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
______________ ̄l,i|  | |======================================
.____________、|:::|.~ |  | | ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニニニ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニ
  ψ       ψ  .//  ||:::|   |  | |        .|| /||   || /||           || /||
.  Ω         Ω //  /.||:::|   | .._| |        .||   || /||   ||           ||   ||/
              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ
.____________.||:::|   | |. |i..|
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛
;:..     .            |:::|   |  | |___________________
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
''::;.,,..             '';;'..,.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 街にはことりという音も、虫の飛ぶ羽音もなかった。動くものといえば彼の他には
 何もなく、音を立てる可能性のあるものは彼の裁玉以外ないのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

175 :44/93:03/06/23 00:20 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誰か話し相手はないだろうか。その時、玉はきらりと光った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | あたしじゃ不満足なの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 かっとなった彼はバルコニーの上の玉を蹴った。玉は転がり、
 音を立てて道路に落ち、向かいの家にぶつかって止まった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   どかーん!
   (⌒⌒⌒)
    ||
    ∧_∧
   (,,;´Д`)
 と⌒     て)  ガッ            / ̄\ 
   (  ______三フ☆   ΞΞΞΞΞΞ ( 。 A 。 )
    )  )                  \_/ 
    レ'                  サイタマァァァ!!?

176 :45/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | しまった、壊れたか!?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
           (;´Д`)
           と    丿つ
            人 γヽ
        ΞΞ,(__人__ノ ))

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 残忍さをいっぱいに秘めた玉でも、壊れると困るのだった。
 男は階段を駆け下り、道に飛び出して玉を拾い上げた。
 別に見たところ変化はなかった。こわごわ揺すってみた。
 何も音はしなかった。ボタン。しかし指を当てると
 生々しく恐怖がよみがえった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

177 :46/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | これは試みなんだ。故障の試験なんだ。いいだろう?
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               O
                o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 高まる動悸の中で、祈りながらちょっと押した。音がない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      | 壊れたのかな・・・
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄
               O
                o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

178 :47/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  少し力を入れて、もう一回押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 音だ。あのいやな音だ。彼は耳を押さえたくなり、指をはなした。
 玉は壊れていなかった。玉は容易に壊れるものではないのだ。
 かつて技術者上がりの冷静な犯罪者がこの火星でこじ開けようと
 全知全能を傾けて試みた話は、噂となって地球にも伝えられていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     コジアケテヤルカラナ!!
      ∧_∧
      ( ・∀・)         サイタマ?
     G(   こつ       / ̄\
      (_,\ \       ( ゚ ∀ ゚ )
         (___)       \_/

179 :48/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あり合わせの器具を使って慎重に進められたその計画は成功した。
だが、そのとたんに玉は爆発したのだった。その男は遠く離れて
巧妙に作業を行ったので死ぬことは免れたが、何の意味もなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|  ゚ ∀ ゚ .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
         .;.;"..;.;" .i|        |i/ ".;.;".;":
      .;".;": . \( ⌒.i|        |i )⌒)/".;.;".;":
  .;".;": ..;. ;( ⌒(  .i|          .|i⌒) )⌒".;.;".;":.
 .;".;": ..; 从へへΣ(     ∩  ∧ ∧ ∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧∩\ ( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/  |    / \__________
________/ |   〈   |   | .;.;"..;.;"..;.;".
.;.;"..;.;"..;.;". / /\_」  / /\」 .;.;"..;.;"..;.;".
               ̄      / /

180 :49/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それまでは死の恐怖を代償とすれば水が得られたのに、
 もはや何を投げ出そうと、水は得られない。ひとの玉を盗もうとしても、
 他の連中は、この時だけは必死に協力して拒んだのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  タマヨコセ、オラ          ヨルナモナー
   ∧_∧            ∩_∩         ぃゃだょぅ
  (;・∀・)           (´∀`;)  / ̄\     ∧∧  / ̄\
  (  つ つ          (つ   ,ノつ( ゚ ∀ ゚ )   (=゚ω゚)ノ( ゚ ∀ ゚ )  
   人 ヽノ           / ゝ 〉   \_/  〜(   x)  \_/
Ξ(__(__)         Ξ(_(__)         ΞU U    
         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~         
 次の日にそいつは胸をかきむしり、自分の腕をかみ切り、
 血をすすりながら死んだのだった。この話を地球の善良な人間は、
 楽しげに聞いた。火星から戻った者はいないのだから作り話かも
 知れなかったが、玉の丈夫なことは確かだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              ∧_∧  
              (┐。B゚) 
             ∠ミ 彡L  
               I~∽~I
               Im  Im

181 :50/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日は、夕暮れまで街にいた。渇きが耐えきれなくなると、
 壊れた家の跡に行って戦慄しながらボタンを押し、
 水を飲むと再び生への執着を取り戻す。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          サイタマ         サイタマ         
           サイタマ         サイタマ        
            / ̄\         / ̄\       
          (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))      
            \_/         \_/       
            サイタマ         サイタマ      
             サイタマ         サイタマ     
              / ̄\        / ̄\    
            (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))   
              \_/        \_/    
               
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あとはバルコニーの椅子に座り、焦燥と不安の中で、
 どこまで近づいてきたかもわからぬ死の影のことについて、
 思いを巡らすのだ。太陽が道を真上から照らし、
 そして少し傾き、彼が日陰から追い出されるまで四回繰り返した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

182 :51/93:03/06/23 00:23 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 午後、男は気分を変えようと街中の三十軒近い家々を丹念に調べた。だが、何も
 めぼしい物はなかった。台所も詳しく調べた。そして最後の一軒の台所の戸棚を開けた。
 彼の目の前の二本のびん。一本は黄色で、一本は褐色。彼は黄色のびんに
 手をのばしたが、ふるえる手ではうまくつかめず、びんは床に落ちて割れた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
______________ ̄l,i|  | |======================================
.____________、|:::|.~ |  | | ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニニニ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニ
  ψ       ψ  .//  ||:::|   |  | |        .|| /||   || /||           || /||
.  Ω         Ω //  /.||:::|   | .._| |        .||   || /||   ||           ||   ||/
              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ
.____________.||:::|   | |. |i..|
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛
;:..     .            |:::|   |  | |___________________
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
''::;.,,..             '';;'..,.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ベンジンのにおいが、たちまちのうちに部屋中に満ちた。彼はもう一本をしっかり握った。
 有名な食料品会社のマークがあった。だが、その下のレッテルの文字。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

183 :52/93:03/06/23 00:23 ID:3sF0C2sc
  
              濃 厚 ソ ー ス 
                ____
                |     |
            /⌒丶 |___ |   /⌒\
           /´    ヽ::::::::::::::::::| /、   ヽ
           | /    |:::|犬||/  /    |
       .    |     .|:::::: ̄ ̄| ,/ .   |  ソースビームッ
           |      |:::::::´Д` |/ ノ    ,|
       .    |     |:::::::::::::::: |      丿
           ノヽ`   ノヽ ̄ ̄ ̄  `   /
          /   ,/ソ         \ /
         (       ,/   < S> |━━━━━━━━━・∵.
          \   イ  ´         |       シャー
           \  ヽ \    八  ノ
             ヽ    ` ー ´人` /
              \     / ´,、ヽノ
             ノ⌒ゝ    /    |
            /   ヽ  ̄ ̄ソ ̄ ̄ノ
            | ノ   \  |  /\
         /⌒l |.      ゝ ス  /  \
         /  l,丿 ,     λ マン ノ   . \
        |  /  ´      /⌒`l        \
       丿 /   ,     ./   ヽ   ヽ    |.
      /  |,   |    /      )\      ヽ
      ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
      (_)__)|___,/::::::::      ::::::(__)_)_)ヽ、__/

184 :53/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は床にたたきつけた。どろりとした液が床に広がり始めた。
 彼は玉の待っている、元の家に戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | これからどうなさるの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もうこれ以上、この街にいるのもたまらなかった。彼は玉を抱え
 その街を出た。振り返ると、街は沈みかけた夕陽を受けて小さ
 く赤く燃えていた。街はやがて別の人間がやってくるまで
 無人のまま待ち続けているのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

185 :54/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 陽は沈み、星々は数と輝きを増した。曇る日のない火星では、
 星々の光と小さいながら二つある月の光で夜でも道を失うことは
 なかった。遠い砂丘の起伏に目をやり、また星座を見上げ、
 歩き続けた。地球だけは、なるべく見ないようにした。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ 。・。・゚.。。・・・。*・。゚.。/      *      ・    ★
   ゚*・。..。・。・゚..★・/・                      .
    ★‥゚・。・。・../・。゚・。・ ★                     ★
        * /。・。・・゚・。                 ★    ★
        / *:。・。・。・゚       ★          .☆
      |/  。・・゚....・。・   ★
     −★−  ・。。・。・゚..・。゚゚・。・                    ★・
 ★    |  ・*。・。・。・..。・。・゚・。・..        ☆
          ・。゚゚★。・。・゚..*。・・・。。★            ☆
                 ★∴゚・。・。・。・
   ☆      .・゜..*・。・。・。・。・。・゚..。       ★
       ★   。゜..・。・。・*・。・゚・。.゚  .        ★
 ★           ★..。・゚..・。゚・。・゚.・  .
                。...・。・。・゚★。・。・。・   ★  .

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、銀河はミルクの流れとなり、他の星々もジョッキの形、
 噴水の形、酒びんの形に星座を作り、
 月は小さなブランデーグラスとなって彼を悩ました。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

186 :55/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |   一杯いかが? 
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 腕に抱えている玉からは、誘惑の感触が彼に伝わった。
 男は空を見上げ宇宙の壮大さを努めて考え、
 指をボタンに当てた。指はなかなか動かなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               |  早く押したら?
               \
                  ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   O    
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             ( ´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)  

187 :56/93:03/06/23 00:25 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は冷たく星の光できらめいた。彼は再び宇宙の壮大さを考え、
 やっと決心をつけてボタンを押せた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔の死刑なら、一回だけ死の覚悟をすればよかったが、
 この玉は何回も何回も死の覚悟を求めるのだった。
 それに昔のはむりやり他人が殺してくれたが、この玉は必ず来る
 いつとも知れない期日を、自分で早めてゆくのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

188 :57/93:03/06/23 00:25 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は精神を疲れ果てさせて、一杯の水を得、また夜の道を歩き続けた。
明け方近く地平線に小さな閃光を見た。しばらくして爆発音がかすかに聞こえた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : :  : : : .: : : : : : :: : : ::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: : : ::::::::: : : : : : : : :  : : :    :   : : : : : :::::: : : ::: : ::::::::::::::::
;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
、:、、:、::`、ヽ.`ー-.、,._:、、''゙"、`.`丶ヽ:.:`":、`;、;;、;``ヽ、r,!":、::``ヽ`'``…`;:;`、.,、:;;;:
::冫、、``:;;..`:ヽ、:`;`.、,.ヽ、‥:::``:::::;`;;;`;;``;丶`;丶`、;.,`,、゙、``;`;;;;;;:::.:、;;``;:
::::,.'.`、丶.:.゙ン```/:、゙"-`: : : 、,''、、.:..;;.、、、;.:‐:、,;、.:、.丶:":`;;;'."、;;;;.‐..、、‐:.、;;;;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
太陽は火星の反対側を回り、再び地平線に上ってきた。
夜の闇を払いのけ、空の星を消し去り、朝が訪れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

189 :58/93:03/06/23 00:26 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男は道の彼方に一軒の家を見つけた。ガソリンスタンドだった。そのガラスは
砕け散っていた。道を隔てた反対側の一軒が飛び散っていたのだった。
彼はその跡に歩み寄った。そして、不思議なことに気がついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 __________
 |オリーブ    105円|
 |ゴマ     121円|
 |サラダ油   78円|          ../\
 |醤油     130円|        ../ @ \
  ̄ ̄ ̄■■ ̄ ̄ ̄ ̄       ../∧_∧∧\
 ___■■____      / (´∀` ゚Д゚) \
 |  醤油始めました  |      \ モナギコ石油/
  ̄ ̄ ̄■■ ̄ ̄ ̄ ̄       \__ __/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  モナ板SS      .|
____________________|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
崩れた家跡の真ん中にある、一カ所のくぼみ。何だろう。そのうち彼の顔色は
変わった。二重の爆発。誰でも、爆発の跡は安全といったジンクスを
作りあげてしまうのだった。そんな一人が飛び散ったことを示す跡。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

190 :59/93:03/06/23 00:26 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
建物を探すとスクーターが見つかった。このむこうで飛び散ったどっちかの
人物が、どこからか乗って来たものだろうか。いても立ってもいられない
気分にかられ、事故で死ねることを祈りながらすっ飛ばしてきた奴。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 / ̄ヽ
                                /⌒⌒⌒ヽ/|
                              ⊂| ◎     ‖
                               . ヽ  ゚∀゚丿\|  
           ''''''''' ̄ ̄''''''‐    " ̄ " '' ‐‐ "__〃ヽ〈_
  ;'''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー'''''''γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ
        ;'''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー''''''''' ̄ ̄   (       /\ /⌒\
 ─────────────        |   ノ^   | 萬 |///// \
  ─────────────  _--_   ,ゝ  ヽ   \ / ̄ ̄ ̄ ̄.\
                       |\ \  /\ :jjjj>二二) |  ())  ,-,,,
                       |三\  /===┬ /〈 ̄  ソ    ( (_)
 ─────────────   |三  |(    ヽ ヽ ヽ-´Soy    ゝ/
                       )三/|_ヽ   ゝ/ )   sauce.1//  / 
  ───────────── /三 \  ゝ   ヽ   _    / ̄ ̄/
────────────  (\ゝ二_\萬 ヽ   ヽ  ̄/ \/ |.|  |.| ヽ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、ここで。そんな想像を彼は打ち切り、その修理を始めた。
夜になると、ランプをつけて続けた。朝になって地下室を調べると、
ガソリンの缶があった。これに火をつけようか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

191 :60/93:03/06/23 00:27 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |  あたしに任せておいた方が安全よ
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉はささやいていた。彼はガソリンをスクーターに注いだ。
 男はスクーターの前のかごに玉をのせ、そこをあとにした。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

192 :61/93:03/06/23 00:27 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 速度を次第に上げた。このスクーターの以前の持ち主がやった
 のと同じに。速く、速く。だが、急ぐ目的があるためではなく、
 それ以外にすることがないのだった。死のことを忘れることは
 出来なかったが、風を受け暑さを少し紛らせた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 砂漠に挟まれた道路に、事故を起こす原因となる物はない。
 事故死も許されないといえそうだった。時々、ほんの時々
 道のへこみで車がはねた。玉はそのたびに少しとび上がり
 楽しそうに揺れていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

193 :62/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は不意にブレーキをかけた。道ばたに光る物。裁玉だった。
 そのそばの人骨。病気にでもなったのか、寿命の尽きるまで
 爆発がこなかったのか。彼は駆け寄り玉を拾った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | しめた。儲かった。
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だが、ボタンを押そうとすると考えないわけにはいかなかった。
 これだって自分のだって、可能性は同じなのだ。今これを拾い、
 二つ持ったところで決して、二倍の役に立つわけではない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

194 :63/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は玉を置いた。砂に浅い穴を掘り、骨を入れた。幸運な奴か、
不幸な奴か。彼はちょっと頭を下げ、そばに玉を入れ砂をかけた。
将来、長い年月の後、火星が処刑地でなくなってから、再びこの玉の
掘り出されることがあるだろうか。この玉の性質を全く知らない者によって。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                     / |
                 ∧__∧ヽ/   ミミ
                (´д`//  ミ     ミミ ヽ
                (   //つ      (::;:;:;:;)::::;:;)__
 _______     /  //)       (;;:;):;:;;:;:;::;::):;::)
           ノ   (__ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヽ    ノ
            ヽ_ノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だが、彼はそれ以上このくだらない空想を広げることをしなかった。
彼の生命はのどが渇き切るるまでであり、音が無事に響き終わったら
また新しく生まれ変わり、次のわずかな生命を持つのだった。
この短い生命の間には、その次の生命のことを考える余裕などなかった。
だから、途方もない将来の空想を広げる能力は、全くなくなっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

195 :64/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼はスクーターに戻って始動した。玉はうれしそうに跳ね、踊り回った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | 変な玉を連れ込まないでくれたのね
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男はしばらくゆっくり走らせていたが、また次第に全速にあげた。
それでもハンドルを持つ手は決して過ちをせず、幸運な事故は
起こりそうもなかった。彼は人体のこの仕組みを呪った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´д`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

196 :65/93:03/06/23 00:29 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 またも夜が来た。男は道ばたで横になった。星を見上げ銀河を眺めた。
 水。それから、さっき埋めてきた玉のことを考えた。あんまり後悔は
 湧かなかった。やっぱり自分の玉の方がいいのだった。すでに何回も
 生死をともにした玉。最初の憎悪も、一種の愛着のようなものを
 帯び始めたのだろうか。彼は玉をスクーターから持ってきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | そばに置いてくれるの?
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               O
                o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は星の光を集め、彼にウインクしてみせた。男は玉を抱いて横になった。
 ふと、女性のことが頭に浮かんだ。火星に降ろされてから初めてだった。
 火星には女性はほとんどいないのだった。まもなく彼は火星上で許された
 唯一の救い、眠りに入った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

197 :66/93:03/06/23 00:30 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 悪夢ではなかった。バラ色の夢だった。
 女性がいた。彼は朝までその女性とたわむれていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





              ....:::::::::::::::::::::::::::::::::..
             ....:::: ∧∧ ∧_∧ ::::::...
           :::::::  (*゚ー)(∀`  )  ::::::.
           :::::    /  | (    )   :::::::.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 再び朝。男は暑さで目を覚ますと、玉を抱いたまま火星の道ばたに
 戻っていた。しかし玉の様子が変だった。底を調べるとコップには水が
 一杯にたまっていた。寝ている間にボタンを押していたのだった。
 彼は玉を軽くなで、汚れをふいてやり、コップの中に赤い粒を入れ、
 恐怖なくして初めて得た一杯を飲んだ。だがこんなことはもう終わりだろう。
 見ようとして夢を見ることは、出来ないのだから。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

198 :67/93:03/06/23 00:30 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 楽しい目覚めで始まった一日も、たちまち元に戻った。
 彼は暑さの道を走り、時々車を止め、玉を憎悪し恐怖し、
 戦慄してその絶頂を越え、水を得るということを繰り返した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/


                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´∀`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

199 :68/93:03/06/23 00:31 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日、彼は道を歩いてくる一人の老人に出会った。
 少し離れて車を止め、声をかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   | おい・・・
   \
      ̄|/ ̄         
    ∧_∧             ∩_∩ 
   (;´∀`)            (´m` ) 
   (    )            (    ) 
   | | |             | | |  
   (__)_)            (_(__) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 危害を加えてくるかも知れないと、彼は目をその老人から
 離さなかった。悪人であるとはいえなくても、彼と同じく人を殺した
 犯罪者であることは間違いないのだから。しかし、その老人は
 彼が見えるはずなのに、気がつかない様子だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

200 :69/93:03/06/23 00:31 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そのまま、すれ違ってしまいそうになった。彼は肩に手をかけた。
 老人は止まった。たいした年齢ではないのかも知れないが、
 顔つきは明らかに老人だった。ひげの伸びた顔の目は、
 あらぬ方向を見つめていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        | 狂っているな・・・
        \
           ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄
               O
                o
       ∩_∩    ∧_∧
      (´m` )    (´Д`;)
      (    )   (つ   ,ノつ
      | | |    / ゝ 〉
      (_(__)  (_(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はあわてて手を離した。自分も間もなくこうなるのだろうか。
 その方が幸福なのだろうか。こうなってもやはり死の恐怖は
 残るのだろうか。その老人の歩み続けるのを見送っているうちに
 何かなすべきことがあるような気がし、それを思いついた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

201 :70/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
          \        /
             /  ̄ \
.         ─  |     |  ─
             \ ∩ /
          /   [Ξ]   \

            Λ       .Λ
            / λ      / λ
           ./  .λ___/  .λ
         /             \
         |  / l    l \     |
         |      |----|         |
         |      l   l         |
         \    V        /

      \/   \  _|_ ll  | ̄ ̄|
      /   ──、   | _   |__|
       ̄て    /   | _.    □

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 奴を脅かして水を出させよう。狂人なら案外やるかも知れない。
 彼はあわてて後を追い、前に回って言った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

202 :71/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日、彼は道を歩いてくる一人の老人に出会った。
 少し離れて車を止め、声をかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   | そのボタンを押せ・・・
   \
      ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         
    ∧_∧             ∩_∩ 
   (;´∀`)        / ̄\(´m` ) 
   (    )       ( ゚ ∀ ゚ )⊂   ) 
   | | |         \_/| | |  
   (__)_)            (_(__) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 老人はゆっくりボタンに指を当てた。彼はあわてて四十メートル
 ばかり駆け、耳をふさいで伏せた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                 ∧_∧
     ∧_∧       (;´Д`)
 ΞΞ(;´∀`)       ⊂    つ
 ΞΞ(  つ つ      ノ ノ ノ             ズザー
 ΞΞ 人 ヽノ      (_ノ、_ノ          ○    ∧_∧
 ΞΞ(__(__)     彡           ΞΞと⌒⌒つ´Д`)つ

203 :72/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | もういいだろうな・・・
   \
      ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        
  ∧_∧
  (´∀`;)
 (  つつ
 ( ̄__)__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は目を上げて見た。老人は手招きしていた。
 彼はためらいつつ近寄った。老人はめんどくさそうに言った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )<  おい、新入りだな
        \________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 基地外ではなさそうだった。そして、表情を変えずに言葉を続けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< つまらんことを考えるなよ。もっとも、
       |最初は仕方がないかな。俺もそうだったんだから
        \____________________

204 :73/93:03/06/23 00:33 ID:3sF0C2sc
 
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< おまえさんも、今にこうなるさ。何、すぐだぜ。
       |ひとに水を出させる。こいつはうまい考えだ。
       |だができっこない話さ。三十メートル離れて待っていて、
       |それで出た水が、三十メートル駆け戻る間
       |残っていると思うかね。どんな脅し方をしたって、だめさ。
       |渇き以外の苦痛なんて火星にはありゃしない。
       |それに、ひとに殺してもらえればと、誰だって
       |考えているんだからな。地球で自殺寸前まで
       |いっていた奴だって、ここじゃあ自分では死ねないんだ。
       |殺してくれる奴もいないんだ。地球でひとを殺してきた
       |連中ばかりなのにね。
       |苦しむ仲間が一人でも多いほど気が楽なものさ
        \_______________________

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

205 :74/93:03/06/23 00:33 ID:3sF0C2sc
 
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 催眠術をかけようとしたって、無理だ。
       |こればかりはという警戒の壁を破る催眠術はないし、
       |何とかかけたところで、あのサイタマサイタマという音には、
       |催眠を中断させる作用があるらしいぜ。
       |全くうまく出来ていやがる。どんな方法を使っても、
       |ひとに押させるわけにはいかないんだ。まあ、
       |それだから今もってこの玉が使われているんだろうがね
        \_______________________

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 誰も来た当座は、さっきのようなことをやってみる。
       |それから、やけを起こしてみる奴もある。
       |だがやけなんて起こしてみたって、たかが知れている。
       |事故で死にたいと思ってみる。しかし火星には殺人も
       |なければ事故もない。地震もなければ火事もない。
       |台風や洪水ならお願いしたいくらいだ。
       |交通事故はご覧の通りさ。おあいにくさまだね。
       |あるものはただ一つ。眠っている間に隣の部屋で、
       |どかんとなってくれることだけだ。だがこれもうまくは
       |いかない。やはり、お互いに調べてしまうんだ
        \_______________________

206 :75/93:03/06/23 00:34 ID:3sF0C2sc
 
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< それから。ああ。もうめんどくさい。結局頭の中に
       |残った一点を見つめ、その一点に縛られて生きているのさ。
       |それが何だかは知るものか。ああ、無駄なことをしゃべったな。
       |だが黙っていれば、お前さんどこまでつきまとってくるか
       |わからなかったからな。あばよ。水を一杯くれるかね?
        \_______________________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はさっきから答えようがなかった。
 老人は歩き始めた。彼はその後ろ姿に声をかけた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´∀`;)< 火星に降ろされて、どれくらいになるんだ?
        \__________________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だが、老人は振り向きもしないで言った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 知るもんか。わかるもんか
        \___________

207 :76/93:03/06/23 00:35 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その通りだった。火星に来てからの時間は時間ではないのだ。
 非常に長く、非常に短い、時間とは全く別のものなのだ。
 彼はスクーターをのろのろと進めた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´д`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

208 :77/93:03/06/23 00:35 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | 元気がなくなったのね
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はかごの中で皮肉に揺れていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

209 :78/93:03/06/23 00:36 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男はいくつかの街をすぎ、大きな街に入った。開拓時代には十万人も住んでいたろう。
 そのころは活気に満ち、 開発だ研究だ小惑星だなどと動き回っていたのだろう。
 だが、地球天国化のため全部が引き上げてしまった今は、哀れなものだった。
 街にはやはり吹っ飛んだ跡があり、中央の高いビルも上の方がなくなっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/

210 :79/93:03/06/23 00:37 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は街路を一通り回った。そして十人ほどの人を見かけた。
 バルコニーの長椅子に横になっている者、街をぼんやり
 歩いている者。家の入り口の石に腰かけている者。
 しかし彼がやってきても誰も何の反応も示さなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~   |   〉
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::.
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |   ::.
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :..
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ..
;._::.,|___|__と「;;<w[と).|i  .|    :..
 ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:
ted!..|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:
o`》:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄d  | :.
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ d : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄  》1 wiil die .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧
∩∩    ̄ ̄'''' |〜|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \

211 :80/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 一軒の家に入った。その入る前に両側の二軒ずつを調べ、
 誰もいないことを確かめ、老人の言葉を思い出し苦笑した。
 男は相変わらず精神の大揺れを繰り返し、水を飲み、
 ベッドに入った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何十人かはこの街にいるのだろうが、全く人の気配を
 感じなかった。眠って間もなく絶叫を聞いたようだったが、
 それは悪夢のうちかも知れなかった。明け方近く、
 大きな爆発の音を聞いた。これは悪夢ではなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

212 :81/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はずっとその街にいた。どこに行っても同じ事だった。
 時間の観念は、とっくになくなっていたから、火星に着いて
 どれぐらいになったかは、全然わからなくなった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
玉を見つめ最大の恐怖を繰り返した。彼は頭がぼんやりとしてきた。
だが、渇きとボタンを押すときの恐怖は、最初と少しも変わらなかった。
音の響き終わるまでに繰り返す過去一切の回転は、ますます早くなった。
体力が衰えてきたが、それもまた恐怖を弱める何の役にも立たなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

213 :82/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はもう表情を作らなかった。彼の内部の表情が一定したからかも
 知れなかった。玉の光が増したら終わりが近いんだと考えれば光を増し
 失い始めたらと思えば光沢が減り、彼を苦しめるだけだった。 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼も街の他の住民と全く同じになった。爆発の音にも無感動になった。
しかしボタンを押すときの恐怖は変わらなかった。今まで爆発しなかった
のなら、最初の頃もっとのんきにしていればよかったと思う。
だが、明日まで爆発しないだろうから今安心して、とはいかないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

214 :83/93:03/06/23 00:39 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は昔地球にあったという神のことを考えたかった。しかし、その知識は何もなかった。
 知っていることは地獄についてだけだった。だが、それ以上に悪くなりっこないと保証されている地獄の話は、
 今の彼にはうらやましく思えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     |                ∬        llll___________llll   |      |      |      |  ├┴┬
   ∧|∧            ∫          | |/   閻  魔   \| | ∧|∧  ∧|∧  ∧|∧  ∧|∧::├┬┴
   (ll゚Д゚) ∫   λ,,,,λ  从从从从从      | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | (.。...。.) (.。...。.) .(.。...。.) (.。...。.)::├┴┬
   U ̄U ∬  ミ;;;;;;;;;;ミ/:::  ∧_∧ ::::\    | ||   |~|=,Ω⌒Ω.|~|  .|| |  U U  U U  U U  U U:::├┬┴
   (´UU;; )グツ  (゚   )/\  (゚д゚;;)つ::::::\  | ||   |~| (((´゚`_ゝ゚)~j  ∧j∧ U^U  U[l二二二二二l]]^U::::├┴┬
  (;;`) ))グツ(;;`)⊂:::::::::) \ | 从从从:::::::::::::::\| ||   |~| / ))""∞C〓(Д゚ ;;)  ;;    ||// ::::::: :::::::::::|||:::::: ├┬┴
 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) |::::::::|→ `X      :::::::::::::::| ||  λ,,,,λ((;;  ;;)) とと)))  λ,,,,λ ||\:::::::::::::::://||| λ,,,λ:::::┬
/VVVVVVVVV| ̄ U U      (-_-)♪ ::::::::::| ||  ミ;;;;;;;;;;ミ| ̄\((__  |  |〜ミ;;;;;;;;;;ミ ||  \___⊂ミ;;;;;;;;;;ミ:::┴
|:::::  【ll血ll】   | ̄ ̄ ̄|^^^^^^^(∩∩)^^^^^:::|_|\__(゚∀゚,,,) | ̄ ヽ)≡| U^U   (,, ゚∀゚) ||_____||| (゚∀゚,,)┴┬
|::::::::::::      | ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧(:::地::::つ ̄ X ̄ ̄ ̄ ̄| (つ地:) ||   ∧∧   ||⊂⌒ ヽ┬┴
\::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     〜、 ___∧_∧と|獄:::|→ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄←|::::獄:| ||  (゚Д゚;;;)   ||| |獄::::|→::::
_从从从从从从 |_____|....::o⊂⊃と;;__;;;つ゚д゚)つ ̄U..|::::::....      ....:::::U ̄U..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::U ̄U:::.....

215 :84/93:03/06/23 00:39 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はある時ちょっと街を出て、ロケット空港まで行ってみた。
 誰かが双眼鏡で空を見ていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 万一の釈放を待っているのか、不時着するロケットを待っているのか。
 おそらくその両方だろう。あいつは新入りだな。彼は街に戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

216 :85/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そして、また長い時間。決して飽きることのない、真剣な、無限の、
 全く同じ繰り返し。彼が不満を向けた機械文明の、完全きわまる懲罰だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 また、長い時間。彼は狂いそうになり、それを待った。
 しかし、それも許されなかった。もう、どうにもこうにもならなかった。
 また、長い長い時間。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

217 :86/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               彼は絶叫した。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



              /\        /\
              /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
             丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
            / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
           / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|   
           | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|
           | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|   
           | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
         / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
        / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 絶叫。自分の中のものを全部、地球での不満、火星での苦悩を全部
 いっぺんに吐き出してしまうような絶叫をし終えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

218 :87/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
周囲の様子が少し変わっていることに気がついた。何となく、
全てが洗い流されていることに気がついた。玉を見た。
玉は表情を取り戻し、見たこともないようななごやかさをたたえていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | やっと目が覚めたの? 同じじゃないの。
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何が同じなのだろう。ああ、そうか。彼はすぐわかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

219 :88/93:03/06/23 00:41 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これは地球と同じなのだった。いつ現れるか知れない死。自分で毎日死の原因を
 作り出しながら、その瞬間をたぐり寄せている。裁玉は小さく、そして気になる。
 地球は大きく、誰も気にしない。それだけの違いだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                        / ̄\        
                        ( ゚ ∀ ゚ )       
                        \_/   
                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'

220 :89/93:03/06/23 00:41 ID:3sF0C2sc
 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 何で今までこのことに気がつかなかったのだろう?
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O    
             o
              ∧_∧ / ̄\
             ( ´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)    
                      o          
                      O    
                       ○
                    / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   | やっと気がついたのね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は優しく笑った。彼は玉を抱いてボタンを押した。
 初めて落ち着いて押せたのだ。水は出た。彼はそれを飲み、
 また水を出し、赤い粒を入れて口に流し込んだ。
 部屋を見回し、ベッドの耐えられない汚れに気がついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

221 :90/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は浴室に行った。ひどい汚れの服を脱ぎ、
 風呂の中に玉を抱えて座った。コップを外し、ボタンを押し続けた。
 音も気にはならなかった。むしろ楽しく響いた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              サイタマサイタマ
               サイタマサイタマ
                サイタマサイタマ
                 / ̄\
            ∧⊇∧(( ゚ ∀ ゚ ))   
         _ ( ´∀`) \_/ 
        /≒( つ つ≒\
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |_______|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は音を継続させ、リズムをつけ、歌を歌った。
 戸を開け窓を開き、空気を流れさせ、水を集めた。
 水は少しずつ風呂の中にたまった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

222 :91/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は地球の文明に仕返しできたような気がした。
 水はさらにたまり、波立ち、あふれた。彼は玉を抱きしめた。
 今までの長い灰色の時間から解放されたのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              サイタマサイタマ
               サイタマサイタマ
                サイタマサイタマ
           ♪     / ̄\
            ∧⊇∧(( ゚ ∀ ゚ ))   
         _ ( *´∀`) \_/ 
  〜〜〜〜/≒( つ つ≒\〜〜〜〜〜〜〜〜
  〜〜〜〜| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|〜〜〜〜〜〜〜〜
  〜〜〜〜|_______|〜〜〜〜〜〜〜〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地球から追い出された神とは、こんなものじゃあなかったのだろうか。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

223 :92/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       彼は目の前が輝きで満ちたように思った。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












                                    糸冬

224 :93/93:03/06/23 00:43 ID:3sF0C2sc
あとがき&注記
 
原作は星新一の「処刑」(『ようこそ地球さん』収録)

原作では裁玉は“銀の玉”、玉のたてる音は“ジーッ”です。
今回はあまりに長いのでところどころはしょったり、
削ったり、表現や順番を変えたりしてます。
AAもやや手抜き気味です。

ショートショートと言えるか微妙な長さですが
これも好きな星新一作品のひとつです。

昔はこんな処刑ほんとにあったら嫌だなあと
思いましたが今はほんとにあればいいのにと
思わないでもなかったり(笑)。

それでは支援の方、観客の皆様ありがとうございました。
またよろしく。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)